クーラーが苦手な人にも最適、“ちょっとだけ涼しい”USB冷風扇で快適な夏を! | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

クーラーが苦手な人にも最適、“ちょっとだけ涼しい”USB冷風扇で快適な夏を!

2020.8.13 THU

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ 
クーラーが苦手な人にも最適、"ちょっとだけ涼しい”USB冷風扇で快適な夏を!~山善「FMR-40」レビュー
2020年07月14日
TEXT:山口真弘(ITライター)

登場から20年余、もはや夏場には欠かせない存在になりつつあるUSB扇風機ですが、あまりにも気温が高い部屋で使用すると、単に熱風を送るだけになることもしばしばです。風量は強いのにまったく涼しく感じない、そんな経験のある人も多いのではないでしょうか。

こうした場合にお勧めなのが、気化熱を利用して涼しい風を送ってくれる、いわゆる冷風扇です。今回はUSBで駆動する、山善の冷風扇「FMR-40」を紹介します。
 
500mlペットボトルとの比較。USB扇風機としてはかなり大柄なボディです

500mlペットボトルとの比較。USB扇風機としてはかなり大柄なボディです

付属品はUSBケーブルに取扱説明書と、比較的あっさりしています

付属品はUSBケーブルに取扱説明書と、比較的あっさりしています

本体正面には送風方向をコントロールするためのルーバーが付属しています

本体正面には送風方向をコントロールするためのルーバーが付属しています

上下方向に風向きを調整できます。自動での首振りなどには対応しません

上下方向に風向きを調整できます。自動での首振りなどには対応しません

本製品は、一般的なUSB扇風機の形状とは異なり、立方体のボディを採用しています。本体正面には送風の向きを手動で変えるルーバーがついており、風の向きを上下方向にコントロールできます。

これだけであれば、単なるキューブ型のUSB扇風機ですが、本製品は給水タンクを内蔵しており、気化熱を用いて涼しい風を送ることができます。ボディ後部を覆っているカバーを外してタンクに水を注ぐと、直立した給水フィルターが水を吸い上げ、そこにファンから風を当てることで、涼風が吹き出す仕組みです。

クーラーなどの冷風とはさすがに異なり、本製品の涼風は「やや涼しく感じる程度」でしかありませんが、クーラーが作り出す人工的な冷たい風が苦手な人、また暑い室内で熱風が吹き出すのは避けたいという人には、よい選択肢と言えます。乾燥しがちな室内で使うのにも適しています。

水タンクの容量は約300mlで、試した限りでは、風量を「中」にした状態で、およそ7~8時間でなくなります。メーカーによる連続使用時間は5時間とされているので、その間は余裕で持つ計算です。もちろん水がなくなっても、送風機能自体はそのまま使えます。
ボディカバーを外したところ。タンク部の上にはフィルターが直立しています

ボディカバーを外したところ。タンク部の上にはフィルターが直立しています

給水フィルターを抜き、フタを外すとその下に台座を兼ねるタンクがあります

給水フィルターを抜き、フタを外すとその下に台座を兼ねるタンクがあります

タンクに水を注ぎます。容量は300mlと、見かけよりも多く入ります

タンクに水を注ぎます。容量は300mlと、見かけよりも多く入ります

上から差し込んだフィルターが水を吸収し、涼風が出る仕組みです

上から差し込んだフィルターが水を吸収し、涼風が出る仕組みです

PCの冷却用に似た、5インチサイズの大型ファンを背面に搭載します

PCの冷却用に似た、5インチサイズの大型ファンを背面に搭載します

ハンドルを使って持ち運びが可能ですが、水をこぼさないよう注意が必要です

ハンドルを使って持ち運びが可能ですが、水をこぼさないよう注意が必要です

風量は3段階で調整できます。切替ボタンは電源スイッチを兼ねており、弱中強と風量が切り替わったあと4回目に押すと電源がオフになる仕組みです。個人的には、風量を維持したまま、電源ボタンの長押しで電源のオン・オフができる仕組みのほうが好みですが、ここは人によって評価が異なる部分でしょう。

付属のUSBケーブルはmicroBタイプで、本体直付けではないため、必要に応じて長いケーブルに交換したり、持ち運びを前提にリールタイプのケーブルなどに交換できます。USBポートの位置がやや上にあり、ひっかけやすいのはデメリットと言えるかもしれません。
風量は3段階で調整できます。M以上はそこそこの騒音があります

風量は3段階で調整できます。M以上はそこそこの騒音があります

USBケーブルはmicroBの汎用タイプですので、必要に応じ市販品と交換できます

USBケーブルはmicroBの汎用タイプですので、必要に応じ市販品と交換できます

こうした冷風タイプのUSB扇風機は扱っているメーカーも少なく、また量販店の店頭でもあまり見かけることがありません。今回紹介している山善の製品は、試した限りでは品質的にも安定しており、また国内メーカーの製品ということで、保証がつくのも利点です。

ネックと言えるのは、給水のためにボディカバーを外す作業がやや煩わしいことです。本製品と同じキューブ状の製品の中には、側面から水を注げるタイプもあり、それに比べるとハンドリングは必ずしもよくありません。

また本製品はハンドルが付属しており持ち歩きが可能ですが、水を入れるタンクは密閉状態になっているわけではないため、うっかり傾けてこぼさないか気を使わなくてはならず、あまり機動力が高いと言えないのもネックです。

筆者が調べた限りでは、側面から給水できてかつUSBで駆動するタイプは、国産品に限ればほぼ皆無なようなのですが、これから同種の製品を探すのであれば、そうしたモデルもあるということを知っておけば、役に立つかもしれません。
製品名:FMR-40
実売価格:3,273円
発売元:山善
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B084MR98NS/
[筆者プロフィール]
山口 真弘(やまぐち まさひろ)
ITライター。PC周辺機器メーカーやユーザビリティコンサルタントを経て現職。各種レビュー・ハウツー記事をWEBや雑誌に執筆。最近は専門であるPC周辺機器・アクセサリに加え電子書籍、スマートスピーカーが主な守備範囲。著書に『ScanSnap仕事便利帳』(ソフトバンククリエイティブ)『PDF+Acrobat ビジネス文書活用[ビジテク] 』(翔泳社)など。Twitter:@kizuki_jpn
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

8.3-8.9

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在