MagSafeを使ってカンタン固定、車内でiPhoneを取り付けておけるマウント | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

MagSafeを使ってカンタン固定、車内でiPhoneを取り付けておけるマウント

2021.3.1 MON

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ 
MagSafeを使ってカンタン固定、車内でiPhoneを取り付けておけるマウント~ベルキン「Belkin Car Vent Mount PRO with MagSafe」レビュー
2021年01月19日
TEXT:山口真弘(ITライター)

車の中でスマホを固定しておくためのグッズとしては、上からスロットインするタイプや、左右から挟むタイプのマウントがあります。カー用品店でも多数販売されているこれらの製品ですが、装着には何かと手間がかかるほか、画面の一部を覆ってしまうため、装着した状態でのタッチ操作がしづらいのが欠点です。

MagSafeを搭載したiPhone 12シリーズの場合、MagSafe対応のマウントを使用することで、スマートな着脱が可能になるほか、装着したまま簡単な操作も行えます。今回はそうした製品のひとつ、ベルキンの「Belkin Car Vent Mount PRO with MagSafe」を紹介します。
MagSafe準拠のマグネットを内蔵したベースに、固定用クリップを合体させた構造

MagSafe準拠のマグネットを内蔵したベースに、固定用クリップを合体させた構造

背面のクリップはエアコンの送風口に差し込み、挟んで固定します

背面のクリップはエアコンの送風口に差し込み、挟んで固定します

この製品は、車のエアコンの送風口に装着し、iPhone 12シリーズを取り付けられるようにするマウントです。正面のパネルにはMagSafe準拠のマグネットが内蔵されており、iPhone 12シリーズを近づけるだけで、ピタッと吸着させることができます。

本体の角度はボールジョイントにより自由に変更できますので、見やすい向きに変更しておけます。エアコンの送風口に取り付けるアクセサリは、不安定になることもしばしばですが、この仕組みであれば、動きにくいポジションを見つけてしっかりと固定できます。
差し込むだけの簡単取付。付け根には余剰ケーブルを巻きつけるガイドがあります

差し込むだけの簡単取付。付け根には余剰ケーブルを巻きつけるガイドがあります

グラつかないよう角度を調整すれば取り付け完了です

グラつかないよう角度を調整すれば取り付け完了です

角度は自由に調整できます。これは最大まで上を向けた状態

角度は自由に調整できます。これは最大まで上を向けた状態

最大限下を向けた状態。横から見るとかなり厚みがあるのが分かります

最大限下を向けた状態。横から見るとかなり厚みがあるのが分かります

本製品の大きなメリットは、iPhoneを取り付けたままで操作できることです。実際、信号で停車している時などに、わざわざiPhoneをマウントから取り外して手に取ることなく、通知の内容をざっと見たり、音楽のプレイリストをスクロールしたりできるのは、たいへん便利です。

ちなみに本製品は、横向きに取り付けることもできます。もっともMagSafe自体、取り付けの角度は問わないので、あまり横向きにする必然性はありません。どちらかというと、エアコンのレイアウトの関係上、横向きのほうが収まりがよい場合に、そうしたセッテイングもできると考えておいたほうがよいでしょう。

いずれにせよ、通知を表示する用途では縦向き、カーナビ用途では横向きと、iPhoneを取り付ける向きを自在に切り替えられるのは、スロットインタイプをはじめとした既存のマウントにはできない芸当です。
iPhone 12シリーズを近づけるだけで磁力によりしっかりと吸着します

iPhone 12シリーズを近づけるだけで磁力によりしっかりと吸着します

セット完了。かなりの耐衝撃性があり、走行中に振動などで脱落することはありません

セット完了。かなりの耐衝撃性があり、走行中に振動などで脱落することはありません

MagSafeは向きを問わないため、このように横向きでの装着も可能です

MagSafeは向きを問わないため、このように横向きでの装着も可能です

設置スペースによっては、本製品自体を横向きに取り付けることもできます

設置スペースによっては、本製品自体を横向きに取り付けることもできます

ところで気になるのはやはり耐衝撃性です。平地での運転中は問題ないとしても、段差を乗り越えた時などに、iPhoneが衝撃で外れて落下してしまうようであれば、製品の価値も半減してしまいます。

しかし実際に試した限りでは、MagSafeの吸着力はじゅうぶん強固で、不意に脱落することはありません。故意に悪路を走ったりするとまた違う結果になるかもしれませんが、少なくとも市街地を中心とした一般的な道路の走行中は、そうした問題はなさそうです。

ただしこれは、あくまでMagSafeの吸着力が完全な場合です。上から保護ケースを取り付けていて、磁力が弱まっている場合は、注意したほうがよいでしょう。本製品の利用にあたっては、なるべくiPhoneをそのまま取り付けるか、あるいはMagSafeの機能を持った保護ケースをつけた状態で、吸着させることをお勧めします。
iPhone 12 mini(左)からiPhone 12 Pro Max(右)までサイズを問わず対応します

iPhone 12 mini(左)からiPhone 12 Pro Max(右)までサイズを問わず対応します

下方から見たところ。横幅はiPhone 12 miniとほぼ同じです

下方から見たところ。横幅はiPhone 12 miniとほぼ同じです

なおメーカーサイトおよびAppleストアの説明が紛らわしいのですが、この製品、充電機能は搭載されていません。単にiPhoneをハンドル脇に簡単に固定でき、なおかつ着脱を容易にするための製品です。充電機能内蔵であれば、この価格を実現するのはまず不可能とはいえ、機能を考えると割高な感は否めません。

現在はMagSafe対応のアクセサリが続々と登場しており、その中には車内でMagSafe充電を行うことを目的とした製品もあります。本製品は、角度調節の自由度や面でiPhoneを支える構造面、さらにデザインでは他製品の一歩先を行っていますが、充電もあわせて行いたい場合は、そうした製品を探したほうがよさそうです。
製品名:Belkin Car Vent Mount PRO with MagSafe
実売価格:4,708円
発売元:ベルキン
[筆者プロフィール]
山口 真弘(やまぐち まさひろ)
ITライター。PC周辺機器メーカーやユーザビリティコンサルタントを経て現職。各種レビュー・ハウツー記事をWEBや雑誌に執筆。最近は専門であるPC周辺機器・アクセサリに加え電子書籍、スマートスピーカーが主な守備範囲。著書に『ScanSnap仕事便利帳』(ソフトバンククリエイティブ)『PDF+Acrobat ビジネス文書活用[ビジテク] 』(翔泳社)など。Twitter:@kizuki_jpn
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

2.22-2.28

MdN BOOKS|デザインの本
ワンプリント

Pick upコンテンツ

現在