いつでもどこでも正確な時間を求める人に、いまこそ「電波時計」のススメ | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

いつでもどこでも正確な時間を求める人に、いまこそ「電波時計」のススメ

2020.9.22 TUE

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ
いつでもどこでも正確な時間を求める人に、いまこそ「電波時計」のススメ~リズム時計「フィットウェーブリブA03」レビュー
2020年08月11日
TEXT:山口真弘(ITライター)

PCやスマホに囲まれて生活していると、時刻のズレを意識することは日常の中でほとんどありません。なぜならそれらは定期的にタイムサーバーにアクセスして時刻を合わせてくれるからです。一方で、そうしたギミックのない一般的な掛け時計や置き時計は、時刻が極端にズレたまま放置されていることも少なくありません。

こうした場合に便利なのが、時刻を自動的に合わせてくれる、いわゆる電波時計です。知っている人にとっては「えっ…そんなの持ってて普通でしょ…」となる一方で、知らない人にとっては「全然知らなかった! そんな便利なアイテムがあるの!?」となるであろうこの電波時計について、今回はリズム時計の製品を例に紹介します。
外観は一般的な壁掛け時計。周囲が茶色のモデルもラインナップします

外観は一般的な壁掛け時計。周囲が茶色のモデルもラインナップします

壁掛け時計としての仕組みは一般的で、壁面に木ネジを付けて引っ掛けます

壁掛け時計としての仕組みは一般的で、壁面に木ネジを付けて引っ掛けます

電波時計は、日本国内に2ヶ所存在する電波塔が発する原子時計ベースの時刻を定期的に受信し、時刻を自動的に合わせてくれる時計を指します。定期的にタイムサーバーにアクセスして時刻を合わせるPCやスマホと同様、時刻のズレを自動的に補正してくれる便利な製品です。

この電波時計、かつては高価だったものの、いまや通常の時計と変わらないくらいまで価格は低下しており、ある意味でお買い得なのですが、購入にあたっては気をつけるべき点がひとつあります。それは、一般の時計を買う場合よりも、なるべく機能が豊富な製品を買っておいたほうがよいということです。

というのも、時刻が長期にわたってズレないとなると、それだけ製品を買い替える機会も減り、ひとつの製品を長く使うことになりがちだからです。電波時計を購入する時は、長期的に使用することを前提に、機能に不足のない製品を選んでおくのが、製品選びの鉄則と言えます。
設置場所を変えた時のための強制受信ボタンや、手動設定ボタンも備えます

設置場所を変えた時のための強制受信ボタンや、手動設定ボタンも備えます

携帯電話に似たアンテナ部。ちなみに電波の受信回数は1日12回にも及びます

携帯電話に似たアンテナ部。ちなみに電波の受信回数は1日12回にも及びます

そうした意味で、今回紹介するリズム時計の「フィットウェーブリブA03(8FYA03SR03)」は、その機能の豊富さゆえ、おすすめできる製品と言えます。具体的にどんな機能があるのでしょうか。

ひとつは、温度と湿度が確認できることです。時刻に加えてこれらがオールインワンで把握できるのは、間違いなく重宝します。すでに室内に温湿度計がある場合でも、値が正確かどうかを判断するために、複数の温湿度計があるのは、悪いことではありません。本製品を天井近くに設置し、別の温湿度計はなるべく低い位置に設置すれば、高さの違いによる温度と湿度の差も把握しやすくなります。

また、カレンダー機能も便利です。特に曜日を確認できるのは、テレビ番組の視聴だったり、あるいはゴミを出す日だったりと、曜日ごとに決められたイベントを失念しないためにも便利です。最近であれば、テレワークの導入で曜日を把握しづらくなり困っている人にもオススメできます。
温度と湿度表示。温度については小数点以下1ケタまで表示できます

温度と湿度表示。温度については小数点以下1ケタまで表示できます

月日+曜日が表示できます。なお表示されませんが内部的には西暦年も保存されています

月日+曜日が表示できます。なお表示されませんが内部的には西暦年も保存されています

そしてもうひとつ、ハマる人にはハマる機能が、秒針がいわゆるステップ秒針ではなく、連続秒針であることです。1秒ごとにカッチ、カッチと音がして針が進むステップ秒針は、就寝時には耳障りなこともしばしばです。その点、連続秒針であれば、秒針が一定速度でゆっくりと回転するので、音が騒々しくありません。

ちなみに同種の製品の中には、光センサーを内蔵し、昼間はステップ秒針、暗くなると連続秒針に切り替わる製品もありますが、テレワークなど室内で作業に集中するには、むしろ昼間こそ連続秒針が必要な場合も多くあります。どうしてもステップ秒針の針が進む音に愛着があるケースを除けば、こちらのほうが便利でしょう。
電源は単三電池×2本。電池寿命の通知機能も搭載します

電源は単三電池×2本。電池寿命の通知機能も搭載します

時計の文字盤は「UCDAフォント みんなの文字」を採用し、高い視認性を誇ります

時計の文字盤は「UCDAフォント みんなの文字」を採用し、高い視認性を誇ります

そんな本製品の実売価格は4千円台と、他社の製品に比べるとやや高価ですが、これだけの機能を備え、かつ発売から1年ちょっとの新製品であることを考えると、むしろ割安なイメージすらあります。遠距離からでも文字盤が見やすいUDフォントを採用するなど、プラスアルファの工夫がなされているのも利点です。

強いて挙げれば、インテリアよりもやや実用性に寄ったデザインで、業務用っぽく見えがちなのはネックですが、室内をモノトーンで抑えている場合は逆に強みになるでしょうし、飽きが来ないデザインであるとも言えます。またカラーバリエーションとして外枠が茶色のモデルもありますので、そちらを選ぶのも手でしょう。

時刻がズレたままの壁掛け時計を放置している人は少なくないはず。これを機会に、今回紹介したリズム工業の製品を始めとする電波時計の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
製品名:フィットウェーブリブA03(8FYA03SR03)
実売価格:4,856円
発売元:リズム時計工業
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07FQLCJCN/
 
[筆者プロフィール]
山口 真弘(やまぐち まさひろ)
ITライター。PC周辺機器メーカーやユーザビリティコンサルタントを経て現職。各種レビュー・ハウツー記事をWEBや雑誌に執筆。最近は専門であるPC周辺機器・アクセサリに加え電子書籍、スマートスピーカーが主な守備範囲。著書に『ScanSnap仕事便利帳』(ソフトバンククリエイティブ)『PDF+Acrobat ビジネス文書活用[ビジテク] 』(翔泳社)など。Twitter:@kizuki_jpn
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

8.31-9.6

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在