電池の交換不要、スマホのワイヤレス充電器でチャージして使うユニークな5ボタンマウス | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

電池の交換不要、スマホのワイヤレス充電器でチャージして使うユニークな5ボタンマウス

2020.9.21 MON

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ
電池交換不要、スマホ用のワイヤレス充電器でチャージするユニークな5ボタンマウス~サンワサプライ「MA-WBL157」レビュー
2020年08月18日
TEXT:山口真弘(ITライター)

有線マウスと比べた場合のワイヤレスマウスの弱点は、電池の交換が必要になることです。最近は単三電池1本で数ヶ月使える製品も少なくありませんが、それでもうまく動かないと「あれ、電池のせいかな?」と疑ってしまうことは避けられません。

一方で、バッテリーで駆動するタイプのマウスもありますが、充電のためにケーブルを差すなどの手間がかかることから、ちょっと充電をサボっていたら動かなくなった……ということもしばしばです。

今回紹介するサンワサプライの「MA-WBL157シリーズ」は、こうした問題を解決してくれるユニークなワイヤレスマウスです。
見た目は一般的な5ボタンマウス。レッドのほかブラックもラインナップしています

見た目は一般的な5ボタンマウス。レッドのほかブラックもラインナップしています

USBレシーバをPCに挿して通信を行います。中央は有線給電用のUSBケーブル

USBレシーバをPCに挿して通信を行います。中央は有線給電用のUSBケーブル

本製品は、BlueLEDセンサーを搭載したワイヤレスマウスですが、最大の特徴は、スマホでお馴染みのワイヤレス充電規格「Qi」に対応していることです。置くだけで充電が行えるこの仕組みにより、スマホのワイヤレス充電器に間借りする形で充電が行えます。これは役割分担としても合理的です。

なぜなら、一般的にPCの前で作業をしている時は、マウスを使いつつ、スマホは充電を行っていることがほとんどで、逆にPCの前から離れる時は、マウスは使わず、一方のスマホは持ち出すという、ちょうど入れ替わりの形になるからです。同時に充電器を必要とするケースは、まずありません。

つまり、PCの近くにスマホ用のワイヤレス充電器が1台あれば、本製品用に新しくワイヤレス充電器を購入しなくとも、共用できてしまうのです。万一の場合の予備手段としてUSBケーブルによる充電にも対応していますので、外出先などでワイヤレス充電器がない場合も、困る心配がありません。
市販のQi充電器による充電が行なえます。ほかにUSBケーブルでの充電にも対応します

市販のQi充電器による充電が行なえます。ほかにUSBケーブルでの充電にも対応します

Qiでの充電中はホイールが緑色に点灯します。有線での充電中は青色へと変化します

Qiでの充電中はホイールが緑色に点灯します。有線での充電中は青色へと変化します

マウスとしてのスペックをざっとチェックしておきましょう。センサーはBlueLED、通信規格は独自の2.4GHz帯で、専用のUSBレシーバーが付属します。Bluetoothマウスと違ってUSBポートを一つ占有しますが、USBレシーバーをPCに接続すればペアリング不要ですぐに使用できるのは便利です。

ボタンは左右ボタンとホイールボタン、さらに側面に「戻る」「進む」ボタンを備えた、いわゆる5ボタンマウスにあたる製品です。このほか上部にはカウント切り替えスイッチがあり、800・1200・1600カウントで切り替えて使用できます。

3ボタンマウスに比べると多機能ですが、マウスとしての機能がほかと比べて突出して多いわけではない、いい意味で普通の製品です。ちなみに「戻る」「進む」ボタンが左側面にあることからも分かるように、左右非対称の形状で、右手でのみ利用できるタイプです。
ホイールのほか、カウント切り替えスイッチを本体上部に搭載します

ホイールのほか、カウント切り替えスイッチを本体上部に搭載します

左側面にはブラウザの「戻る」「進む」にあたる2ボタンを搭載しています

左側面にはブラウザの「戻る」「進む」にあたる2ボタンを搭載しています

底面。ON/OFFスイッチを備えるほか、後部にはUSBレシーバーを収納できます

底面。ON/OFFスイッチを備えるほか、後部にはUSBレシーバーを収納できます

USB充電に対応。USBレシーバーを差さずにUSBマウスとして使うことはできません

USB充電に対応。USBレシーバーを差さずにUSBマウスとして使うことはできません

ところで本製品のように、側面に拡張ボタンを搭載したマウスには、「戻る」「進む」機能で固定されていて変更できない製品と、付属のユーティリティで役割をカスタマイズできる製品があります。本製品は前者で、ボタンをカスタマイズするユーティリティは標準では用意されていません。

ただし、マウスボタンに任意の役割を割り当てられる汎用のフリーソフトを使えば、「戻る」「進む」だけでなく、さまざまなショートカットを割り当てることができ、使い勝手が激変します。今回試したフリーソフト「X-Mouse Button Control」は、本製品のカスタマイズに対応していますので、いろいろと変更してみることをおすすめします。
本製品に専用のマウスユーティリティは付属しませんが、フリーソフト「X-Mouse Button Control」を使えば、「戻る」「進む」ボタンにさまざまなショートカットキーを割り当てられます

本製品に専用のマウスユーティリティは付属しませんが、フリーソフト「X-Mouse Button Control」を使えば、「戻る」「進む」ボタンにさまざまなショートカットキーを割り当てられます

ワイヤレスマウスの中には、専用の充電ドックを用意している製品もあり、それらはケーブル接続の手間をかけずに載せるだけで充電できるため便利ですが、ワイヤレスマウスのためだけにデスク上で無駄なスペースを専有してしまいます。その点、本製品はスマホと充電器を共用できるので、省スペース化にも貢献します。

一般的にワイヤレス充電器には据置タイプとスタンドタイプがあり、残念ながらスタンドタイプの利用は少々難しいのですが(無理やりマウスを立てかければできなくはないのですが)、その点さえクリアできるようなら、類似製品がほとんどないだけに、ユニークな選択肢の一つとなりうるでしょう。
製品名:MA-WBL157シリーズ
実売価格:3,080円
発売元:サンワサプライ
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07SRYH8FR/
[筆者プロフィール]
山口 真弘(やまぐち まさひろ)
ITライター。PC周辺機器メーカーやユーザビリティコンサルタントを経て現職。各種レビュー・ハウツー記事をWEBや雑誌に執筆。最近は専門であるPC周辺機器・アクセサリに加え電子書籍、スマートスピーカーが主な守備範囲。著書に『ScanSnap仕事便利帳』(ソフトバンククリエイティブ)『PDF+Acrobat ビジネス文書活用[ビジテク] 』(翔泳社)など。Twitter:@kizuki_jpn
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

8.31-9.6

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在