【DESIGN DIGEST】Webサイト『船場センタービル50周年記念 DEEPな船場をディグろう』、商品パッケージ『クラシックフルーツケーキ』、書籍カバー『村田沙耶香/生命式』(2019.11.27) | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【DESIGN DIGEST】Webサイト『船場センタービル50周年記念 DEEPな船場をディグろう』、商品パッケージ『クラシックフルーツケーキ』、書籍カバー『村田沙耶香/生命式』(2019.11.27)

2019.12.8 SUN

Brand-New!
DESIGN DIGEST

「本」「ポスター」「パッケージ」「映像作品」「Web」など、魅力的な最新のデザインを毎週ダイジェストでお届けします。
2019/11/27

ロゴ、Webサイト、ポスター
『船場センタービル50周年記念 DEEPな船場をディグろう』
ポスター

ポスター

Webサイト

Webサイト

●Art Director & Copy Writer:松島遥奈
●Art Director & Designer:GOO CHOKI PAR
2019
船場センタービル
大阪地下鉄3路線が乗り入れ、繊維問屋や、アパレル、雑貨、飲食店など、さまざまなジャンルの店舗を有するショッピングモール。今年で誕生50周年を迎え、「DEEPな船場をディグろう」をコンセプトに特設サイトをオープン。ショップや、そこを訪れ商品を探す目、50周年を祝う太陽などが描かれており、ビビッドカラーと、幾何学的でサイケデリック調のイラスト、文字が強いインパクトを与える。デザインはGOO CHOKI PARによるもの。

商品パッケージ、ショッパー、包装紙
『クラシックフルーツケーキ』『クラシック抹茶&マロンケーキ』
など、資生堂パーラー 銀座本店ショップ限定品
●Art Director+Designer:仲條正義
●Designer:浜田佐知子、白鳥奈津子
●Creative Director:新田里子
2019
資生堂パーラー
銀座の老舗・資生堂パーラー 銀座本店のリニューアルオープンを機に、同ショップの限定品もデザインを一新。また新商品として、『クラシックフルーツケーキ』『クラシック抹茶&マロンケーキ』の2種が登場した。グラフィックデザイナーの仲條正義がアートディレクターを務め、資生堂すべての発祥の地であり原点の銀座八丁目を強調するべく「銀座八丁目物語」をコンセプトに、昭和らしさのある千鳥格子、メリハリのある配色を用いた、シックでいて力強さも兼ね備えたアイテムに。

書籍カバー
村田沙耶香『生命式』
●Designer:鈴木成一
●Cover Objet:髙橋涼子
2019
河出書房新社
三島賞、芥川賞を受賞した作家、村田沙耶香による短編集『生命式』。作家自身が作品をセレクトし、死んだ人間を食べる新たな葬式を描いた表題作を含む、危険に満ちた12篇が収録されている。カバーデザインは装丁家の鈴木成一が手掛けた。命の流れを感じさせる丸みを帯びた柔らかなフォントと、造形作家の髙橋涼子による人毛、燭台のオブジェが印象的な装丁となっている。静寂の中に、ミステリアスさ、ダークさを漂わせる美しいデザイン。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

11.25-12.1

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在