MdNの印刷通販比較サイト 印刷通販サービスの押さえどころ、使いどころ | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

MdNの印刷通販比較サイト 印刷通販サービスの押さえどころ、使いどころ

2018.7.17 TUE

MdNの印刷通販比較サイト

  • graphic
  • alpus
  • プリントパック

ユーザー目線で気になることをまとめました

印刷通販サービスの押さえどころ、使いどころ

デザインワークの一環として、名刺やフライヤー、ポスターなどを制作する際に気になるのは、やはり「コスト」と「品質」、そして「納品までの期間」といったところでしょう。そういった中でぜひ活用してみたいのが「印刷通販サービス」です。ここでは、手軽で品質の高い印刷物を制作できるネット印刷通販のメリットを踏まえながら、サービスを利用するときに知っておきたいポイントを詳しく紹介していきましょう。

文:山口 優/月刊MdN2011年5月号(Vol.205)第2特集をもとに再構成されています

CONTENTS
  • 印刷通販は時間を気にせず印刷物の注文が可能

    印刷通販は、印刷したい制作物の種類やサイズ、用紙、希望納期などをWebサイト上で選ぶだけで簡単に注文を行える便利なサービスです。WebブラウザやFTPサーバー、メール添付などでデータ入稿が可能なため、時間を気にせずに24時間いつでも利用できるのが特徴です。また印刷機材など充実しているところが多く、クオリティの高い印刷を行うことが可能です。
     さらに、注文した印刷物の進捗状況をメールで伝えてくれたり、料金に応じて一定の条件でポイントをつけ、そのポイントがたまれば次回の支払い時にポイントを使って印刷代を支払えるようなサポートを行っている会社もあります。

    各社がさまざまなサービスを提供

    印刷通販サービスといっても、会社によって料金やサービスはさまざまです。たとえば、小ロットのオンデマンド印刷を行っていたり、型抜きや箔押しなどの特殊加工に対応している会社もあります。用途や予算に合わせて上手に印刷通販サービスを利用するとよいでしょう。そこで、本コーナーでは利用する前に知っておくと便利な情報を紹介していきます。

    STEP1

    印刷通販サービスの押さえどころ1
    印刷物のクオリティがしっかりしているかどうか

    デザインワークにおいてデザイナーが印刷通販サービスを利用する際、Adobe RGBの広色域を再現する必要があったり、パッケージのモックアップ制作などで特色をシミュレーションしたい場合など、高度な印刷を求めるケースがあります。そのようなニーズに応えるために、印刷通販サービス会社の多くが最新のオフセット印刷機や大判プリンタなどを導入し、クオリティの高い印刷を行っています。たとえば某印刷会社では、専用インクを使用して広色域印刷を行えたり、FMスクリーニングなどによる高精細印刷が可能です。

    専用インキを使用して広色域を再現

     某印刷会社が提供する「プレミアム印刷」では、同社が独自開発した広色域インクを使用して鮮やかな色を再現できる。左図は通常インクと同社の広色域インクを重ねて比較したもの。点線で囲まれている部分が通常のインクでは表現できない色で、オレンジやブルー、バイオレットなどの表現を可能にしている

    左図は通常印刷であるスクリーン線数175線で印刷したもの、右図は某印刷会社の「プレミアム印刷」を行ったものを疑似的に表現した例。右図のほうが、くすみがちなブルーやオレンジなどの色が美しく再現されている

    高精細印刷で美しい写真表現が可能

    某印刷会社では、「FMスクリーニング20μ」という高精細印刷サービスを用意。左図は通常の印刷を行ったもの、右図はFMスクリーニング20μで印刷したものを拡大したところ。右図のほうが滑らかな仕上がりを実現している

    印刷は、「網点」と呼ばれる小さな点の集合体で表示されている。オフセット印刷においては、網点の大きさを変えて色の濃淡を表現する「AMスクリーニング」(左図)と、小さな網点がランダムに配置されることで階調を表す「FMスクリーニング」(右図)の2種類がある。スクリーニングの線数が高いものほど、高画質な印刷が可能だ

    仕上がりイメージを実感できるサンプルセットやカラーチャート、
    部数に応じた料金設定がわかるカタログなど各社さまざまな資料を用意しています。

MdNの印刷通販比較サイトについて印刷通販TOPに戻る

月刊MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

週間アクセスランキング

7.2-7.8