【DESIGN DIGEST】キービジュアル『麒麟がくる』、CDジャケット『PURE/Cö shu Nie』、商品パッケージ『75BEER』(2020.1.8) | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【DESIGN DIGEST】キービジュアル『麒麟がくる』、CDジャケット『PURE/Cö shu Nie』、商品パッケージ『75BEER』(2020.1.8)

2020.5.25 MON

Brand-New!
DESIGN DIGEST

「本」「ポスター」「パッケージ」「映像作品」「Web」など、魅力的な最新のデザインを毎週ダイジェストでお届けします。
2020/1/8

キービジュアル
『麒麟がくる』
●Creative Director+Art Director:多田琢[TUGBOAT]
●Art Director+Photographer:奥山由之
●Producer:稲垣護
●Production Manager:大野瑞樹
●Production Company:GEEKPICTURES
2020
日本放送協会(NHK)
2020年1月19日(日)より放送がスタートする、長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。明智光秀の謎めいた前半生にも焦点を当て、彼の生涯を中心に戦国武将たちの運命の行く末を描いていく。王が仁のある政治を行うときに必ず現れるという、聖なる獣“麒麟”を呼ぶのは一体誰なのか……。墨が飛び散り勢いのある毛筆のタイトルロゴと、光秀の一点を見つめる眼差しや、彼の纏うオーラのようなものに魅せられる、力強いビジュアルに。

CDジャケット
Cö shu Nie『PURE』
●Art Director+Designer+Stylist:Daigo Kurotaki[NOiR Inc.]
●Photographer:Takashi Kamei[W Management]
●Make-up Artist:EBARA[W Management]
●Hair Make-up Artist:Takayuki Nukui
●Costume Stylist:MIYAO
●Jewelry:YOSHiKO CREATiON
●Retoucher:Naoyuki Ogawa[JAGUCHI Inc.]
2019
Sony Music Labels Inc.
ロックやポップの枠にとらわれることなく、切ない女性ボーカルと繊細でカオスなバンドサウンドが織り成す独創的なバンドCö shu Nie(コシュニエ)。「東京喰種:re」「約束のネバーランド」「PSYCHO-PASSサイコパス3」のタイアップ楽曲を含む、12曲が収められた待望のメジャー1stアルバム『PURE』。アートワークはDaigo Kurotakiによるもので、バンドの世界観を表現するかのような儚さや幻想的な雰囲気を感じられるデザイン。

商品パッケージ
『75BEER』
●Total Art Director:七江亜紀[カラーキュレーター®︎、NANALabo.]
2019
オリオンビール株式会社
おいしいビールを生み出すために、5年の歳月をかけ醸造技術を磨き誕生した『75BEER』。2018年に前身となる『75-Beer』を沖縄県名護市限定で発売。予想を上回る反響となり、2019年12月にデザインを一新。沖縄県全域での発売となった。発祥の地“名護”を冠したプレミアムクラフトを印象付けるロゴマークとベースカラーとなっており、海沿いの街並み、美しいサンセットを想起させる。アートディレクターは、ライフスタイル・クリエイターの七江亜紀

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

5.11-5.17

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在