【DESIGN DIGEST】メインビジュアル『最果タヒ展』『IMS SUMMER 2020』、商品パッケージ『「塔牌」紹興花彫酒化粧壷<陳五年>』、書籍カバー『さよなら願いごと/大崎梢』(2020.6.24) | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【DESIGN DIGEST】メインビジュアル『最果タヒ展』『IMS SUMMER 2020』、商品パッケージ『「塔牌」紹興花彫酒化粧壷<陳五年>』、書籍カバー『さよなら願いごと/大崎梢』(2020.6.24)

2020.9.22 TUE

Brand-New!
DESIGN DIGEST

「本」「ポスター」「パッケージ」「映像作品」「Web」など、魅力的な最新のデザインを毎週ダイジェストでお届けします。【一覧はこちら
2020/6/24

メインビジュアル
『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』
『IMS SUMMER 2020』
『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』の会期は、2020年8月8日(土)〜9月27日(日)まで

『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』の会期は、2020年8月8日(土)〜9月27日(日)まで

『IMS SUMMER 2020』は、〜2020年8月30日(日)まで

『IMS SUMMER 2020』は、〜2020年8月30日(日)まで

●Designer:佐々木俊
2020
三菱地所アルティアム、イムズ
今夏、イムズ8階「三菱地所アルティアム」で開催される、詩の展示『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』現代詩人・最果タヒによる言葉の数々を体験できるインスタレーションに。またイムズでは、最果タヒとコラボした夏のキャンペーン『IMS SUMMER 2020』も展開。

メインビジュアルは、最果タヒの書籍カバーやレコードジャケットを手掛けているグラフィックデザイナー・佐々木俊によるもの。展覧会のメインビジュアルでは無数の円が、夏のキャンペーンビジュアルでは散りばめられた詩が目を引くアートワークとなっている。

商品パッケージ
『「塔牌」紹興花彫酒化粧壷<陳五年>』
●Art Director:中川裕之、宇留野晋[宝酒造]
●Designer:藤井本道、高木直也[サンクリエイト]
2020
宝酒造
2020年5月に新発売した、本場中国の上質な紹興酒『「塔牌」紹興花彫酒化粧壷<陳五年>』。「花彫酒」とは、かつて女子の誕生から結婚までの間、紹興酒を美しい花模様の甕に詰め、地中で熟成させ造られたことに由来するもの。こちらのボトルデザインでは、“愛娘の健やかな成長を願う心”を表現した伝統的な花彫酒を現代的にアレンジ。丸みを帯びたフォルムの壺に、天女と吉祥柄の花が舞うイラストを配置し、柔らかくフェミニンなカラーで仕上げている。

書籍カバー
大崎梢『さよなら願いごと』
●Designer:坂野公一[welle design]
●Illustrator:大庭賢哉
2020
光文社
大崎梢の『さよなら願いごと』。琴美の家にやって来た子供たちの謎を解決する青年、想い人から相談を持ちかけられる祥子、大人たちの「不都合な真実」を掘り起こしてしまう沙也香。夏休みを舞台にそれぞれの謎を追いかける……。書籍カバーは、大崎梢の『だいじな本のみつけ方』『よっつ屋根の下』と同じく、デザイナーの坂野公一、イラストレーターの大庭賢哉が手掛けている。ミステリー小説とは相反するような、爽やかなタッチの装画が印象的だ。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

8.31-9.6

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在