デザインに使うPhotoshop-詳細目次 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-
contents

デザインに使うPhotoshop
プロ必須の写真補正&効率アップ術 CS3対応版 




Part1 写真原稿とデジタル画像の基礎知識

写真原稿の種類と扱い方
Photoshopを使いこなすための基礎知識
実践! カラーマネジメント



Part2 仕事が楽になるCS3の新機能

画像の管理に便利なBridgeを使いこなそう
Bridgeで採用カットを選びファイル名を一括変換する
基本作業のほとんどがまとめて行えるCamera Raw
Camera Rawで複数のファイルをまとめて処理する




Part3 トリミングと切り抜き処理

角版とキリヌキが写真レイアウトの基本
写真をトリミングする
写真をキリヌキ処理する
レイヤーマスクを使ったキリヌキ処理
自動選択ツールを使ったキリヌキ処理
「境界線を調整」を使って選択範囲を修正する




Part4 傾き・歪みを直し、キズを取る

Camera Rawで角度補正とトリミングを一度に行う
レンズ補正フィルタによる傾きと歪みの一括補正
建築写真の遠近感を調整する
平たいモノの歪みを調整する
キズや汚れを取る
コピースタンプツールを使ったより高度な修正
パターンをもった背景から不要物を消す




Part5 明るさと色を調整する

明るさと色の調整の基本
ヒストグラムが読めるようになろう
色温度を調整して商品の色を正しく再現する
Camera Rawで画像の明るさを調整する
調整レイヤーを使うと何度でもやり直せる
トーンカーブを使った明るさと色の調整
レベル補正を使った明るさと色の調整
色相・彩度で画像の鮮やかさを調整する
画像の一部分の色だけを調整する
カラー写真をきれいにモノクロ化する
思いどおりの色に調整するための知識




Part6 アンシャープマスクと入稿用データの作成

画像の輪郭をシャープにする
RGBカラーをCMYKカラーに変換する
印刷用に画像を保存する




Part7 自動処理で効率を上げる

Photoshopが勝手に働いてくれる「アクション」
オリジナルのアクションをつくる
イメージプロセッサで複数ファイルを一括処理する
バッチで複数ファイルを一括処理する
ドロップレットにしておけばだれでも自動処理が使える
BridgeでCameraRaw設定をコピー&ペーストする




twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

MdN 最新刊

MdN BOOKS|デザインの本

週間アクセスランキング

12.3-12.9